現在入手可能な2パックのアルバム(CD)を日本盤中心にご紹介致します。
ジャケットはもちろん、帯に付いた解説も掲載しました。
「これから2パックを聴いていこう、CDを集めよう」という方の参考になれば幸いです。




 上記は“2パックのアルバム相関図”です。リアル・タイムでは2Pacを知らない方やファンになったばかりの方がとかく考えがちなのが、「2パックのアルバムは沢山あるけど、どれがどういう順番や位置づけで、どこから聴いていったら良いかもわかりにくい」といった事ではないでしょうか。CDを聴く順番に“正しい”というモノは存在しません。ベスト盤や興味を持った楽曲に関連する作品を聴いていくのが一番だと思います。それぞれのアルバムがどういう年代や関連性をもってリリースされたのかは、この図で概ねご理解頂けるかと存じます。ちなみに『2パック+アウトロウズ/スティル・アイ・ライズ』は、2Pacの死後発表されたDeath Row Records時代の未発表曲集なのですが、共同名義のアウトロウズの意志が隅々まで行き届いたアルバムですので、私の独断で少々位置づけを変えておきました。


2Pac Original Albums: Japanese Edition
Line

ザ・ベスト・オブ・2パック Pt.2:ライフ編。
ユニバーサルミュージック(UICS-1158)2007.12.26. 発売

死してなおヒップホップ史上最多アルバム・セールス記録を更新し続ける男=2パックのベスト。
死後12年目を迎えた2007年、再び2パックの偉業を確認するベスト盤が2枚同時発売で登場。こちらは『LIFE』編とタイトルされたベスト。「キープ・ヤ・ヘッド・アップ」をはじめ、まさに“人生”という大きなテーマを持ったトラックを中心にコンパイル。


ザ・ベスト・オブ・2パック Pt.1:サグ編。
ユニバーサルミュージック(UICS-1157)2007.12.26. 発売

死してなおヒップホップ史上最多アルバム・セールス記録を更新し続ける男=2パックのベスト。
死後12年目を迎えた2007年、再び2パックの偉業を確認するベスト盤が2枚同時発売で登場。こちらは『THUG』編とタイトルされたベスト。「カリフォルニア・ラヴ」をはじめ、まさに2パックが広めたともいえる“サグ”な生き様をテーマにしたトラックを中心にコンパイル。


2パック/パックズ・ライフ
ユニバーサルミュージック(UICS-1130)2006.12.20. 発売
ユニバーサルインターナショナル(UICS-9080)2007.12.19. 再発


「誰もがパックの人生を語ってる・・・」(「パックズ・ライフ」歌詞より)――“2パックの人生”とタイトルされた、実に2年ぶりの2パックの死後11作目となる新作(!)登場。
1996年9月16日[注:13日の誤り]、ラス・ヴェガスで凶弾に倒れ、早11年[注:没後十年]を迎えた今、その存在はいよいよ神々しい輝きさえ孕み始めた2パック。このアルバムでわれわれはまたしても壮絶な彼の生き様に驚かされることになる。


2パック/ロイヤル・トゥ・ザ・ゲーム
ユニバーサルミュージック(UICS-1087)2004.12.29. 発売
ユニバーサルインターナショナル(UICS-3001)2007.05.23. 再発


エミネム、夢の響宴。「みんながこのアルバムを楽しみ、トゥパックが守り、闘ったあらゆるもののスピリットの名にかけて、俺たちが心と魂を込めて作り上げたこれらのトラックをじっくり味わってもらえれば嬉しい」――マーシャル・マザーズ
死後8年を経て更なる盛り上がりをみせるラッパー・レジェンド=2パック。生前の4枚のアルバムを遙かに凌ぐ死後9作目、エミネムが全身全霊をかけた渾身の全面プロデュースで堂々登場。


2パック/レザレクション〜ヨミガエリ。
ユニバーサルミュージック(UICS-1072)2003.12.17. 発売
ユニバーサルインターナショナル(UICY-6337)2006.08.16. 再発


「これが俺のイキザマ・・・。」――2パック 死してなおその存在感を増殖し続けるカリスマ・ラッパー=2パック。2パックをリスペクトしてやまないエミネムが遂にプロデューサーとして2曲で参加、“ヨミガエリ”と名付けられたこの新作は、衝撃のドキュメンタリー映画/原作本のサウンドトラック盤にして新曲4曲を含むベスト盤。ビギーをフィーチャリングした名曲「ランニン」収録で話題の作品である。


2パック/ベター・デイズ
ユニバーサルミュージック(UICS-1051/2)2002.12.18. 発売
ユニバーサルインターナショナル(UICY-6076/7)2006.04.19. 再発


2パックが衝撃の凶弾に倒れてから早や6年、再び明らかにされる未発表曲集。エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーが惜しみないリスペクトをし続けるなど、いまだその人気は衰えを知らない。マキャヴェリ期録音をコンパイルした『アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム』の続編的2枚組みとなる今作は『ベター・デイズ』と名づけられた。時代が必要とする限り彼のメッセージは届けられ続ける・・・!?


2パック/アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム
ユニバーサルミュージック(UICS-1016/7)2001.05.23. 発売
ユニバーサルインターナショナル(UICY-6074/5)2006.04.19. 再発


“2PAC IS ALIVE !!”(ヤツは生きている)という、まことしやかに語られる願いにも似た“生存説”がいまだ絶えない中、マキャヴェリ期録音をコンパイルしたのがこの『アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム』。再び初登場NO.1という快挙を成し遂げてしまった2パック。“Until The End Of Time”〜“その時が来るまで・・・”「その時」とはいったい何を意味するのか。2パックの果てしなき戦いに「その時」は来るのか?


2パック+アウトロウズ/スティル・アイ・ライズ
ユニバーサルビクター(MVCT-24062)2000.02.19. 発売
ユニバーサルインターナショナル(UICY-6338)2006.08.16. 再発


1996年9月凶弾に倒れ、25歳でこの世を去った2パック。死直後もマキャヴェリ名義のアルバムが発表され全米初登場第1位、98年暮れに未発表曲アルバム、99年2月に未発表を含むベスト・アルバムがリリースされるなどその人気は全く衰えを知らない。生前2パックが従兄弟達中心のグループ=ジ・アウトロウズとともに非常にリラックスした雰囲気のなか制作されたアルバムがこちら!その名も『スティル・アイ・ライズ』。濃厚で気合いの入った力作!


2パック/グレイテスト・ヒッツ
ゾンバ・レコーズ・ジャパン(ZJCI-10020/1)2000.12.06. 再発
BMGファンハウス(BVCM-34029/30)2005.02.23. 再々発


伝説は死なず・・・。96年9月13日、25才という若さでこの世を去った伝説の男、2パック。彼が生前に残した6枚のオリジナル・アルバム(2Pacalypse Now,Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z...,Thug Life,Me Against The World,All Eyez On Me,Makaveli)からのヒット曲に加え4曲の未発表曲(God Bless The Dead,Unconditional Love,Troublesome 96,Changes)を収録したベスト・アルバム。全25曲収録。


2パック/
アー・ユー・スティル・ダウン?(リメンバー・ミー)

ゾンバ・レコーズ・ジャパン(ZJCI-10018/9)2000.12.06. 再発
BMGジャパン(BVCM-34066/7)2007.08.22. 再々発


伝説は死なず・・・。96年9月13日、25才という若さでこの世を去った伝説の男、2パック。彼の死後、実母アフェニ・シャクールが設立したアマル・レコードの第1弾リリースとなった未発表曲集。全26曲収録。ビルボード・ポップ・アルバム・チャート初登場2位、同R&Bアルバム・チャートは2週目にして第1位に輝くという未発表曲集としては記録破りな金字塔的成績を打ち立てた。


2パック/ニュー・ミックス・クラシックス VOL.2
(エヴォリューション:デュエッツ・アンド・リミキシーズ)

ビクターエンタテインメント(VICP-63957)2007.09.13. 発売

・・・そして名曲は何度だってヨミガエる・・・あの仰天企画の第2弾は豪華なゲスト多数のウルトラGな感謝祭!“主役”の未だ衰えることを知らぬオーラの強さに涙せよ!!


2パック/
ライヴ

ビクターエンタテインメント(VICP-62895)2005.03.24. 発売

「オール・アイズ・オン・ミー」のリリース後、ハリウッドの「ハウス・オブ・ブルース」で行われた2パック幻のライヴ音源がCD化。彼の本当の肉声は何を発し、果たして何を伝えていたのか。ここにもう一つの2パックの真実が露になる。


2パック/
ニュー・ミックス・クラシックス

ビクターエンタテインメント(VICP-62521)2003.11.12. 発売

クラシック曲の数々がデス・ロウ・ブランドによるリミックスで生まれ変わる!――2パック、没後7年。遂に誕生する“デス・ロウ”ブランドによるリミックス・アルバム。総監修は無論シュグ・ナイト。既に全米でも大ヒット中の2パック決定盤である。


マキャヴェリ(ザ・ドン・キラミナティ)/
ザ・7デイ・セオリー

ビクターエンタテインメント(VICP-61636)2001.12.05. 再発

2パックは16世紀のイタリアの哲学者、「マキャヴェリ」を名乗ることでもう一つの人格を演じてみせた。敵への復讐のために死を演じて7日後に姿を現したマキャヴェリがごとく、2パックも生存しているのではないか、とまで言われたのも本作が彼の死後2カ月でリリースされたからに他ならない。問題作中の問題作である。


2パック/オール・アイズ・オン・ミー
ビクターエンタテインメント(VICP-61634/5)2001.11.21. 再発

全米で900万枚をセールス、言うまでもなく2パック「デス・ロウ」移籍第一弾にして、人気も頂点に達していた96年2月に発表されたラップ史上初の2枚組。ラスヴェガスで受けた銃弾が原因でリリース後7カ月経った9月13日に他界、彼の生前最後の作品集ともなった。伝説にするには余りにも眩し過ぎる録音の数々である。


2パック/ミー・アゲインスト・ザ・ワールド
BMGジャパン(BVCM-35104)2007.08.22. 再発

伝説の頂点へ・・・。96年9月13日、25才という若さでこの世を去った伝説の男、2パック。彼の“最高傑作”にして、ヒップホップシーンの最重要作の一つ。常に彼を制圧せんとする「世界」と闘い続けた「俺(おとこ)」の至上の音楽! 全米1位 「ディア・ママ」他 全15曲収録


2パック/サグ・ライフ Vol.1
BMGジャパン(BVCM-35103)2007.08.22. 再発

伝説が飛翔する・・・。96年9月13日、25才という若さでこの世を去った伝説の男、2パック。実兄を含むユニット“サグ・ライフ”の1stアルバム。サグ・スピリットが炸裂し、日本でも多くのファンを獲得した作品。「ポア・アウト・ア・リトル・リカー」他 全10曲収録


2パック/トゥパカリプス・ナウ
BMGジャパン(BVCM-35101)2007.08.22. 再発

伝説の始まり・・・。96年9月13日、25才という若さでこの世を去った伝説の男、2パック。デジタル・アンダーグラウンドのバック・アップのもと、異例の40万枚以上のセールスを記録した、1stアルバム。「ブレンダズ・ゴット・ア・ベイビー」他 全13曲収録


 現在日本(国内盤)で入手可能な正規アルバムは上掲の全18作だ。2Pacの死後ファンになられた方は、『2パック/グレイテスト・ヒッツ』が最初の1枚という場合が多いようだし、「これから2Pacを聴いてみたい」という方にも最適なアルバムであろう。泉山真奈美女史の解説は最悪なので一読にも値しないが、歌詞対訳はやはり有り難い。ブックレットに記載されているクレジットには、各曲がどのアルバムから選曲されたものか明記されているので、お気に入りの楽曲収録のオリジナル・アルバムに進んでみるのが最も適切だと思われる。ちなみに、"God Bless The Dead"と"Changes"はInterscope時代、"Unconditional Love"と"Troublesome 96"はDeath Row時代の未発表作品である。

 Death Row Records時代の『2パック+アウトロウズ/スティル・アイ・ライズ』、『2パック/アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム』や『2パック/ベター・デイズ』、そしてInterscope Records時代の『2パック/アー・ユー・スティル・ダウン?(リメンバー・ミー)』といった未発表曲集では、グレイテスト・ヒッツ盤には収録されていない名曲が多数発掘・発表されているので是非チェックして頂きたい。
 『2パック/ニュー・ミックス・クラシックス』はDeath Row時代に発表された人気楽曲の最新リミックス・アルバム。『2パック/レザレクション〜ヨミガエリ。』は、2Pac自身が生い立ちについて語るドキュメント映画のサントラ盤にして新曲4曲を含むベスト盤である。『2パック/グレイテスト・ヒッツ』に続くもう1枚のベスト・アルバムという構成になっている。

 1998年の『2パック/グレイテスト・ヒッツ』から十年近くが経過した事もあってか、2007年暮れには『ザ・ベスト・オブ・2パック』が「Pt.1: THUG」と「Pt.2: LIFE」の2枚同時発売で登場した。(Inu-Wan "PPG")


2Pac Original Albums: Import Edition
Line

2PAC/ STRICTLY 4 MY N.I.G.G.A.Z...
Interscope Records (92209-2) 1993.02.16. release
Amaru/Interscope/Jive Records (01241-41634-2) 1998.03.10. re-release


2007年8月に約十年ぶりで“インタースコープ・レコード時代”のオリジナル・アルバムが一挙日本盤CDで再発となったのだが、『STRICTLY 4 MY N.I.G.G.A.Z...』のみが発売中止となってしまった。"I Get Around"や"Keep Ya Head Up"といったスマッシュ・ヒットを生んだ2パックの出世作(セカンド・アルバム)をなぜ今回再発出来なかったのか原因は不明だが、輸入盤CDで入手は可能だ。


 2Pac“インタースコープ・レコード時代”のオリジナル・アルバム(日本盤CD)は、『サグ・ライフ/ヴォリューム・ワン』(ワーナーミュージック・ジャパン/AMCY-766)と『2パック/ミー・アゲインスト・ザ・ワールド』(ワーナーミュージック・ジャパン/AMCY-805)が当時ほぼリアル・タイムに発売されており、『2パック/2パカリプス・ナウ』や『2パック/ストリクトリー・4・マイ・ニガズ』といった旧譜も2Pacの死後、MCAビクターから一斉再発されたこともあった。(PPG "Paw Pads")


Tupac Connoisseur Albums: Collector's Edition
Line

トゥパック・シャクール/ロスト・テープ
Pヴァイン・レコード(PVCP-8761)2000.06.21. 発売

本名トゥパック・アマル・シャクール。96年9月7日、東西海岸の抗争に巻き込まれラスヴェガスで凶弾に倒れるまで、アブナい魅力と哀愁漂うサグ・ライフ語りでウェスト・コーストを代表する存在として、その強烈な生き様で世界中のファンを魅了した唯一無二のラッパー。本作は、彼が“2PAC”と呼ばれるより以前の、最も初期の作品集(89年)。デジタル・アンダーグラウンドに加入する以前に結成していた『ストリクトリー・ドープ』時代の貴重な音源だ。

トゥパック フィーチャリング ノトーリアスB.I.G./
ヒア・アフター

Pヴァイン・レコード(PVCP-8754)1999.06.23. 発売

ラップ・アーティストとしてだけでなく、アメリカを代表するエンターテイナーとして、注目をあびたトゥパック(2パック)の93、94年にレコーディングされた楽曲を中心とした未発表曲集。このアルバムにはなんと、ノトーリアスB.I.G.(ビギー・スモールズ)をフィチャーした曲を2曲収録。またトニ・トニ・トニのドゥエイン・ウィギンス参加曲等もあり、超豪華盤だ!

 『トゥパック・シャクール/ロスト・テープ』は2Pacの“未発表初期音源集”として97年に発表された『“スタティック”ア・トゥパック・シャクール・ストーリー』(ドルフィンエンターテイメント/BLCM-85913)の再発盤として捉えて良いアルバムである。重複音源は若干のRemixを加えているものもあるが、新たに発掘された3曲も追加収録されているので、資料的価値はあるといえるだろう。若きトゥパックと深い関わりがあった元デジタル・アンダーグラウンドのチョップマスターJの秘蔵音源ということもあって、皆がよく知るあの個性はまだ芽生えていない。しかし若く純粋な資質を虚飾なしにストレートに感じとることができる。ひととおりのオリジナルアルバムを聴き込んだファンなら一度はチェックして損は無いだろう。
 『トゥパック フィーチャリング ノトーリアスB.I.G./ヒア・アフター』も基本的にはチョップマスターJの手元に残されていた音源をまとめたアルバムである。最も古い年代の作品ということでは、高校時代の録音だという"Criminal"が貴重か。93-94年録音の珍しい作品も何曲か収められており、"Monday Morning"のようなG系メロウ作は嬉しい発見だ。しかし、このアルバムの“ハイライト”として収録されているノトーリアスB.I.G.(ビギー・スモールズ)をフィチャーした2曲はいただけない。"Be The Realist"は『Let's Get It On』収録のタイトル曲、"Stop The Gun Fight"は『One Million Strong』収録の"Runnin'"をそれぞれ無名ラッパーのTrappが勝手にRemixした“無許可海賊版音源”なのである。2Pacとビギーが共演した純粋なTrackは先述のコンピレーション盤でチェックすることをお勧めしたい。(Inu-Wan "PPG")


Compilation Albums: Unavailable on 2Pac Original Albums
Line

TOO GANGSTA FOR RADIO
Death Row Records(Death Row Recording/DNA)DRR 2018-2

GANG RELATED - THE SOUNDTRACK
Death Row Records(Death Row Recording)DRR 63019-2

DEATH ROW GREATEST HITS
Death Row Records(Death Row Recording)DRR 63014-2

 2Pac名義のアルバム未収録作品で“必聴曲ベスト4”を挙げれば、"Pain"は当然真っ先にリストアップされるところだが、詳細については Music from 'ABOVE THE RIM' を参照してほしい。次の3曲だが、『TOO GANGSTA FOR RADIO』収録の"Thug Nature"に『GANG RELATED - THE SOUNDTRACK』収録の"Lost Souls"、そして『DEATH ROW GREATEST HITS』収録の"Smile For Me Now"といったところをお勧めしておきたい。
 『DEATH ROW GREATEST HITS』を敢えてセレクトしたのは、他にも既発2Pac作品が収録されているだけでなく、"I Get Around"の“ミッドナイト哀愁リミックス”ヴァージョンという絶品を聴くことができるからだ。たった1〜2曲のためにコンピレーション盤を購入するというのもなかなか躊躇しがちなところだが、この3枚は決して後悔しないであろう。(Inu-Wan "PPG")


2Pac Compilation Albums: Japanese Edition
Line

2パック/メロウ・セレクションズ
ビクターエンタテインメント(VICP-63927)2007.09.13. 発売

“通”なファンからビギナーまでが聴き浸れる、哀愁系=メロウな2パックここに極まる。グッとくる全17曲、完全歌詞対訳付き![日本独自企画盤]


2パック/
モア・ベスト・ワークス・オン・デス・ロウ

ビクターエンタテインメント(VICP-62423)2003.09.13. 発売

2PACがこの世を去って7年。その命日である9月13日に、彼が「デス・ロウ」時代に残した功績の数々を日本から最大級のリスペクトをもって独占編集した究極のベスト・アルバムが完成。この機に、今もなお求められて止まない彼のメッセージに改めて耳を傾けてほしい。


2パック/ザ・プロフェット
ベスト・ワークス・オン・デス・ロウ

ビクターエンタテインメント(VICP-62418)2003.08.06. 発売

2パックがデス・ロウ時代に残したベスト・レコーディング集のリリースが遂に実現。マキャヴェリ名義の作品、サウンドトラックに収録されていた作品なども対象に組まれた計16曲に及ぶ2パック大図鑑。全曲歌詞、対訳付で、2パックの偉業を改めて知り尽くせ!


 『2パック/“ザ・プロフェット”ベスト・ワークス・オン・デス・ロウ』は2Pacが“デス・ロウ・レコード時代”に残した既発表作品からセレクトしたベスト盤である。マキャヴェリ名義の作品やサウンドトラックに収録されていた作品なども選ばれているが、Daeth Row Records UK/Ron Winter Productionsによる企画編集で、少々選曲はマニアックだ。日本盤としてリリースされるにあたって、"What'z Ya Phone #"と"Krazy"の2曲が追加されている。
 少々選曲に不満が残る『2パック/“ザ・プロフェット”ベスト・ワークス・オン・デス・ロウ』を補完するかたちで、日本独自に企画編集された『2パック/モア・ベスト・ワークス・オン・デス・ロウ』がリリースされた。こちらには、「TOO GANGSTA FOR RADIO」収録の"Thug Nature"や「GANG RELATED - THE SOUNDTRACK」収録の"Lost Souls"、そして「DEATH ROW GREATEST HITS」収録の"Smile For Me Now"といったファンには特に人気の高い作品も選ばれており、“デス・ロウ・レコード時代”のベスト盤として優れた編集盤となっている。Daeth Row期の作品ではない"Dear Mama"や"I Get Around"も収録されているが、この2曲は「DEATH ROW GREATEST HITS」に収められていた別ヴァージョン/リミックスである。
 上記[Part4 注目盤]で紹介した3枚で聴けた傑作が今回の『2パック/モア・ベスト・ワークス・オン・デス・ロウ』に収められたため、"Thug Nature"や"Lost Souls"、"Smile For Me Now"などをこの機会に初めて聴くことになるリスナーもいることだろう。しかし、「TOO GANGSTA FOR RADIO」では"Friends"、「GANG RELATED - THE SOUNDTRACK」では"Life's So Hard"など、そのアルバムでしか聴くことが出来ない作品もあるので、機会を見てチェックして頂きたい。(Inu-Wan "PPG")




Copyright (C) 2Pac Japan.net - the unofficial Tupac Website. All Right Reserved.